今後記事を拡充して参ります。こうご期待ください。

 

岐阜黄金八景は、岐阜県岐阜市にある黄金まつわる風景、文化財等の総称である。

現代の岐阜において発掘された新たな名所や歴史的遺産が名を連ねている。

 

==こがね大鳥居 ==

柳ヶ瀬商店街の近く、神社 の入り口に坐する縦横共に8mの大鳥居。2015年(平成27年)から黄金に塗られている。

 

== の御朱印==

神社で毎月末曜日にいただける限定の御朱印。通常黒インクで書かれている文字がインクとなっている。神社をはじめとし、県内10か所以上の寺社仏閣に於いて毎月末曜日にの御朱印がいただける。

詳しくは→https://hitohito.jimdo.com/%E9%87%91%E3%81%AE%E5%BE%A1%E6%9C%B1%E5%8D%B0/

 

== 黄金の信長像 ==

JR岐阜駅北口前の信長ゆめ広場に在する。2009年に岐阜市制120周年を記念して、市民の寄附で建立された。マントを羽織り、右手に種子島(鉄砲)、左手には西洋兜を持っている。台座までの高さは約8m、像の高さは約3m箔を3層張りした銅像。

 

== 箔の岐阜大仏 ==

岐阜大仏(ぎふだいぶつ)は正法寺にある13.63mの仏像である。岐阜県指定重要文化財であり、日本三大大仏を称する。経典が書かれた美濃和紙に漆が塗られ、その上から箔が張られている。

 

== 箔瓦 ==

華山の麓の信長公居館跡から出土した破片を参考に復元された。菊花文と牡丹文があり、箔が貼られている。2018年現在は岐阜公園にある信長公居館発掘調査案内所で展示されている。

 

==華山==

岐阜城がそびえたつ華山は主として岐阜市の木であるツブラジイに覆われている。初夏にはツブラジイが黄金色の花を一面に咲かせるため、山全体が黄金でおおわれる。

 

== 黄金夜景 ==

華山から見る岐阜の夜景は黄金に光輝いている。山の上から見るため、一層夜景がきれいに見え、名古屋ビル群の光も目にできる。

 

== 銅獅子唐草文鉢 ==

 

護国之寺(ごこくしじ)にある銅獅子唐草文鉢(こんどうししからくさもんはち)は岐阜市唯一の国宝。奈良時代に制作された。一般公開は、118日と818日の年2回のみ。

< LINK >

< おすすめLINK >

< やななLINK >

【やなな公式ブログ】

段ボールでごめんなさい…。

【やなな公式Twitter】

【やなな公式mixi】